ころん くん twitter 日常。 この電車を見たら絶対に乗らないでください。【ころん】【つぐのひ 実況】

ころんくんについて質問です!

最後に記憶があったのは、青ざめた3人の表情だった。 さとみ「どうだった?」 ジェル「なんか…見てはいけないものを見てしまった感じ」 ころん「何何何、気になるわ」 ジェル「自分で見てき。 そこにはご丁寧に、4人が並んで待っていた。 やるならころちゃんだけです」 ころん「はぁ?」 ジェル「るぅと、さっきはごめんな」 ジェル「からかい過ぎたわ」 るぅと「……いや、良いです」 るぅと「今日はちょっと気分が良くなくて、イライラしてたんです」 るぅと「別にいつもは何とも思ってないですよ」 [newpage] ジェル「……へえ」 ころん「良いこと聞いちゃったな」 さとみ「これからは、皆で総攻撃しても良いってことだ」 るぅと「え?え?え?」 ななもり「いざとなったら、またあの店行けば良いもんね」 るぅと「ちょっと待ってください。 見つからなくて良かった、としか言いようがありませんね。 ころちゃん作ってないなら文句言うなー」 梅干しだらけのお粥を、スプーンですくい口へ運んだ。

Next

この電車を見たら絶対に乗らないでください。【ころん】【つぐのひ 実況】

さとみ「ううぅ…」 ジェル「よしよーし。 あいつ1番散らかしていくくせに片付けていかないし」 ななもり「ころちゃんどこ行くんだろうね」 ジェル「またるぅとの時みたいについていく?」 さとみ「良いねえ、気晴らしに行ってみようか」 莉犬「待て待て。 尚、ころんさんはヤギなだけあって、ベジタリアンなのだそうです。 ころん「いや……びっくりしたなあ」 るぅと「でもお寿司にありつけたラッキーだね、ころん先生」 ころん「んまあ、良しとするか!寿司だ寿司だ!」 そう言ってころんくんは皆の元へ駆け出した。 コレコレさんがころんさんに触れないこと、ころんさんも沈黙を貫いていることからそれがわかります。

Next

この電車を見たら絶対に乗らないでください。【ころん】【つぐのひ 実況】

さとみくんは一気に500mlのペットボトル半分ぐらいまで飲み干した。 年齢:23歳(2019年8月4日現在)• 莉犬「そんなにやばいことしてたの?」 ジェル「なんて言うか……。 それでもるぅとくんの怒りは収まらなかった。 莉犬「ころちゃーん?さとみくんどう?」 ころん「今ね、熱を計ってるの」 るぅと「水飲ませます?」 ころん「その前に冷やしたタオルでおでこ冷やそう」 るぅと「了解です」 莉犬「なーくんにお願いするもの何かある?」 ころん「熱さまシートと、OS-1と欲しいね。 はいパンツ」 さとみ「ちょ、投げんな」 ころん「はい肌着、Tシャツ、短パン」 さとみ「投げんなて」 [newpage] 一方その頃、お料理組 ななもり「あのさぁ!卵は後からって言ったよねぇ?!」 莉犬「ジェルが!ジェルが勝手に入れた!」 ジェル「だって生は嫌やもん」 るぅと「まだお米も入れてないのに生になるわけないじゃん!」 莉犬「あああ!吹きこぼれてる」 ななもり「やばい!味付けするの買ってくるの忘れたよ」 ジェル「その辺にある塩ぶっ掛けとけばええやん」 るぅと「このくらいかな?」 莉犬「入れすぎだってw塩分過多で死ぬよ」 ななもり「じゃあお米追加で薄くしよう」 ジェル「水足たそ水」 ななもり「うわあ今度は薄くてまずそ」 るぅと「じゃあ梅干し!種抜いていっぱい入れよ」 莉犬「入れる量考えるんだよ?これ以上手を加えたらやばいよ」 るぅと「あー!ジェルくんぐちゃぐちゃにし過ぎだよ」 ジェル「逆か何でそんなに原形留めたまま種ぬき出来んの?」 ななもり「ちょっと混ぜないと!焦げてきてるよ」 莉犬「わ、わ、わあー!おたまどこ?」 初めてのお粥作りに苦戦している最中だった。

Next

絶対にプレゼントをくれないサンタが怖すぎるWWW【ころん】

好きな味なの」 大量にあったお粥を全て食べきり、皿はすっからかんになった。 じゃあね」 ピッ 莉犬「おい2人。 コレコレさんは2018年の2月頃、「歌い手ころんから被害を受けた」と語る女性からのタレコミを受けたとして、その内容を基に暴露配信を行うことを通知していました。 ななもり「 るぅとくんて2人きりの時はころん先生って呼ぶんや 」 ジェル「 俺らの前では言わへんくせに2人の時は先生呼びか 」 さとみ「 ころん先生て、普段でも言って良いんけどな 」 莉犬「 るぅと絶対ころんのこと人一倍好きやろ 」 るぅとくんはころんくんと2人きりの時は、無意識に「ころん先生」と呼ぶことが分かったのだった。 ころちゃんそっち抱えて!」 ころん「ベッド連れてけばいいよね。

Next

この電車を見たら絶対に乗らないでください。【ころん】【つぐのひ 実況】

るぅとくんは新しいタオル用意して、人肌程度に温めてくれない?」 ころん「さとみくん汗でベタベタだから拭かなきゃ」 るぅと「はぁい。 一粒も残すことなく綺麗に食べ終えた。 ころん「いやでもね、否定しないるぅとくんもるぅとくんだよね」 ころんくんはあくまで自分は悪くないと主張した。 この画像は ななもり。 ころん「……」 るぅと「?」 ふと、急に立ち止まってころんくんは何かを凝視していた。 書いてある」 ころん「ね?ね!良いよね欲しいなあ」 るぅと「欲しいって言うけどころん先生、洗濯ほとんど僕にやらせてますよね」 ころん「それ昔でしょ!今は自分でやってるじゃん」 るぅと「いやいや、週に5回は僕ですけど」 ころん「そうだっけ?」 そんなの知るかといった具合に、ころんくんは次の家具へと目を付ける。

Next

#5 桃くんの日常

かなり身バレに気を遣っていることがわかります。 さとみ「うぇっゴホッゴホッ」 さとみ「きっつ」 ベッドの上で、さとみくんは1人熱に浮かされていた。 ころん「あ、そうだ。 出身地:埼玉県• さとみ「お前ら優しすぎかよ……!」 ジェル「さとみくん泣かんといて。 ジェルくんおいでー!」 ジェル「へーい」 さとみ「んじゃあ俺は莉犬とやな」 莉犬「俺なーくんが良かった」 さとみ「は?!酷くね?!」 莉犬「だってさとみくんうるさいもん」 さとみ「んなお前酷いってー」 ななもり「おいそこー?俺たちはあっち行くからね」 莉犬「了解ー」 [newpage] ころん「ほら見てみるぅとくん!このハイスペック洗濯機」 るぅと「……別に普通じゃないですか?」 ころん「分かってないね、これは設定しなくても丁度良いぐらいに洗ってくれる洗濯機なんだよ」 るぅと「あ、本当だ。

Next

#2 青くんの日常

ころんの動画 ころんさんは主にすとろべりーぷりんすとしては「 歌ってみた」を中心として活動を行っています。 ころん「さとみくんあんた死ぬよ!?」 さとみ「いや、んー」 3口、4口と次々食べていく。 さとみ「いやw助けてお腹痛いwww」 ジェル「『家具は金もだけど時間も掛けるべき!』やってwww」 ななもり「声真似まで追加はヤバイってw」 莉犬「ひーwひーw」 さとみ「新たな名言な誕生やなw」 ななもり「あれ、いなくなったよ」 ジェル「うっそ。 ジェル「るぅとは見つかったな」 さとみ「焦ったな」 ななもり「でも俺たちのことはバレてないから、このまま続けよう」 莉犬「一緒に行くったって俺たちには内緒にしたいところなんだな」 るぅと「……行きましょうか」 ころん「そだね。 側から見ればただの変人だ。 そんな中、1人ころんくんは怒号を上げていた。 放送事故で、白真くまさんのパソコン画面が表示されてしまうのですが、そこに表示されたアカウント名が「 colon」だったのです。

Next