ニュルブルク リンク 順位。 ニュルブルクリンク

【ニュル24時間】優勝はアウディ、2位ポルシェ

再開が危ぶまれるほどの状況ではあったが、オーガナイザーは残り90分での再スタートを決断する。 GPコースの全長は4. DMSB(ドイツ自動車協会)の定める車両規定に準じたクラス、HSはハイブリッド車両。 ニュルブルクリンク 24時間レースとは? 究極のサバイバル 世界中から20万人以上もの人が訪れ、その闘いの模様は電波の波に乗って世界へ発信される。 00(2015)• 参加車両のSUBARU WRX STIはいずれも完走しており、2011年と2012年、2015年と2016年はSP3Tクラス 2リットル以下のターボ車 で連続クラス優勝を果たしています。 決勝レースは6月22日15時30分(現地時間、日本時間6月22日22時30分)にスタートし、23日15時30分にゴールを迎えた。 バンクが付いているすり鉢状のヘアピンがある。 68(2015)• レース車両はで、フィル・ヒル、、、、、、、、、、、が参加、セナがラウダ、ロイテマンを抑え優勝した。

Next

スバルファンだからこそ伝えたいWRX STI大奮闘の舞台裏【ニュルブルクリンク24時間レース2018】|MotorFan[モーターファン]

2013年はマシントラブルでクラス2位(総合28位)、2014年には接触とペナルティでクラス4位に終わったが、にはクラス優勝(総合18位)を取り返した。 27(2004)• BMW M3 GTSクーペ 7:48. ニュルブルクリンクにかつて数多く存在したジャンプスポットの中でも有名なものの一つ。 アイフェル地方議会の議員であったDr Otto Creutzが、ADACの支持を得て専用のサーキットの建設を提案、アイフェル地方の失業者対策や、自動車会社にテストコースとして提供すること、観光客を呼び込むことも盛り込まれていた。 ステイチューンド!! フェラーリ エンツォフェラーリ 7:25. レースは、総合順位とクラス(車種)別の順位を争うが、全車が同時に走行する。 しかしこの地が過酷な環境だったからこそ逆に自動車メーカーにとっては開発の聖地となり、ラップタイムが性能を示す指標となっていった。 24時間のレースコースは、F1やDTMなどが開催される約5kmのグランプリコースとそれに隣接するオールドコースと呼ばれる一周約20km、高低差約300mの北コース ノルドシュライフェ を複合したロングコースで行われます。

Next

【ニュル24hレース特集】ノルトシュライフェ(北コース)徹底解剖

92(2017)• 632(2018)• 車の速い遅いというよりも、動力やそれを制御するあれこれなどの仕組みの方に目がいきます。 ボディは当初よりワイドフェンダーや大型リアスポイラーなどを装着し、VAB型WRX STIの面影はあるものの、それ以前のGRB型やGVB型のWRX STIに比べ、だいぶレースカー然としたスタイルになっています。 0 CSL アルピナ 1974 のため中止 1975 オイルショックのため中止 1976 Fritz Muller Herbert Hechler Karl-Heinz Quirin ポルシェ・911カレラ 1977 Fritz Muller Herbert Hechler ポルシェ・911カレラ 1978 Fritz Muller Herbert Hechler Franz Geschwendtner ポルシェ・911カレラ Valvoline Deutschland 1979 Herbert Kummle Karl Mauer Winfried Vogt Cavallo Matras 1980 Dieter Selzer Wolfgang Wolf Matthias Schneider フォード・エスコートRS2000 Berkenkamp Racing 1981 Helmut Doring Dieter Gartmann Fritz Muller Gilden-Kolsch 1982 Dieter Gartmann フォード・カプリ Eichberg Racing 1983 コース改修工事のため中止 1984 Axel Felder Franz-Josef Brohling Peter Oberndorfer Auto Budde Team 1985 Axel Felder Jurgen Hammelmann Robert Walterscheid-Muller BMW・635 CSi Auto Budde Team 1986 Markus Oestreich オットー・レンジング Winfried Vogt BMW・325i Linder Rennsport 1987 クラウス・ルートヴィッヒ クラウス・ニーヅビーズ Eggenberger 1988 Edgar Doren Gerhard Holup Peter Faubel ポルシェ・911カレラ 1989 ファビアン・ジロワ BMW・M3 E30 Team Bigazzi 1990 Frank Schmickler BMW・M3 Evo. 00(2003)• ポルシェ911GT3 7:40. 路面が波打ち、ほこりっぽく滑る。 「ウチはスタートでグループ1から6分遅れているんですよね。 このGPコースにより1984年のヨーロッパGPと1985年とドイツGPが開催されたが2年間のみしか使用されなかった。 コーナーの数が172もある。

Next

【ニュル24時間】優勝はアウディ、2位ポルシェ

ありがとうございました。 Metzgesfeld(メッツゲスフェルト) エスケープゾーンが広く視界も開けた高速区間。 Galgenkopf(ガルゲンコプ) いわゆる最終コーナー。 つまり、現在の100位である「BMW M3 GTSクーペ」はかつて50位だったものの、その上にどんどん(50台が)入ってきて今や100位まで落ち込んでしまった、ということですね。 南コースではロードレースが開催されることもあったが、主開催地はやだった。

Next

NISMO

clicccar:チームのマネジャーさんはいらっしゃいますか? 紳士:私がオーナーだけどね。 さらに6時間後には排気音量規制を指摘されてピットイン。 今回の結果はクラス優勝ですが、ライバルの存在はどうだったのでしょう。 マフラーを交換してこの時はほとんどロスなくコースに復帰しています。 それに続きインフィールドセクション(メルセデスアリーナ)を追加、それに伴いパドック横にあったカートコースは廃止された。 にSP3Tクラスでクラス優勝(総合21位)、翌にも同クラスを連覇した(総合28位)。 SP3Tクラスの2位には2周以上の差をつけて依然としてクラストップを独走している。

Next

【ニュル24hレース特集】ノルトシュライフェ(北コース)徹底解剖

メルセデスAMG勢は2号車を失いながらも3号車が追い上げを図ったが、ひそかにチャンスをうかがっていたアウディR8 LMS勢が追い上げ、911号車ポルシェを脅かし、残り2時間というところで4号車アウディがトップに立った。 23日5時(日本時間12時)ごろに日の出を迎えて徐々に明るくなり、現在は寝ていたお客さんも戻ってきて15時30分(日本時間22時30分)のゴールに向けて各車とも周回を続けている。 もしノルドシュライフェに出て、ピットまで10km地点といったエリアで止まってしまっていたら……これまでの苦労が全て無になっていたことでしょう。 00(2004)• 変わってトップをキープした48号車も90号車トヨタ「GRスープラ」との接触でトップ争いから脱落。 90度ターンからビットコーナーを抜けてバックストレッチへ。

Next

ニュルブルクリンク24時間レース

ATは環境エンジン搭載車のクラス。 10(2013)• トヨタGAZOO Racingは11年以上前から参戦しているが、今回は今年登場したばかりの新車「GRスープラ」の初挑戦で最も厳しいテストを経験した。 GPコース [ ] GPコース ホームストレートは大きく下っており、かなり加速してしまうので、ブレーキングエリアで右に曲がりながら1コーナーのSを迎える。 支援を受けずに自分たちで頑張って出続けているんだよ。 00(2005)• たくさんのサポートイベントを含めてニュル24時間を世界中に発信しているその様子は、開発現場として欠かすことのできないステージだからこそ、自らで大切に守り続けているようにも感じる。

Next