熊田 貴之。 出張整体 椎名屋 東京・川崎・横浜の出張整体専門店

役員一覧

ここでデータ解析を行うことによって、お客様に付加価値の高い情報サービスを提供できると考えています。 沿岸域工学にのめり込んだ大学時代 アマテラス:暗黒の高校時代を経て大学時代はどうでしたか? 熊田: 大学に進学してからは窮屈さから少しずつ解放されることができました。 当時はドローンの技術開発のニーズはなかなか理解されませんでした。 リリース本文は(PDFファイル:1. 同社の事業範囲は広く、世間の注目という点ではそれに劣るかもしれないが、もっと広く重要な領域においてその影響力を増している。 無人航空機はGPS誘導によりプログラムされたルートの自動飛行が可能なため、海岸の経年変化を測定するのに適しています。

Next

経営者インタビュー動画-ブルーイノベーション株式会社 代表取締役 熊田貴之|社長名鑑

その実験として、ラジコンに制御システムを搭載していました。 アマテラス:『SoraPass』と他のサービスの連携はどのように考えておられますか? 熊田: ブルーイノベーションの法人コンサルティングサービスのお客様が『SoraPass』の会員になっていただけるとうれしいです。 javascript:void 0 javascript:void 0 javascript:void 0• 現地調査のことを我々は〝海岸の健康診断〟と呼んでいますが、その際に欠かせないのが無人航空機です。 最初はほとんどドローンは世の中に認知されていなくて、当時はまだ「飛行ロボット」なんていう風に言われていたんですが、注目を浴びるようになったのは、 アマゾンの宅配の映像がユーチューブにアップされたタイミングです。 (インタビュアー:嶋内秀之、撮影者:須澤壮太) 【経歴】 日本大学大学院理工学研究科博士課程修了 博士(工学) ドローンの安全な飛行を支援するためのさまざまなプロダクトの開 発を進めてきており、最近ではドローンの盗難防止、衝突防止、 飛行データ管理の機能を含んだドローン安全飛行管理システムや飛行禁止エリアを識別 できるドローン専用飛行支援地図アプリを開発している。 そこで、ちょうど8年前からドローンに注目して、研究活動を続けながら事業に徐々に取り入れていきました。 海岸浸食の現場 熊田: 博士課程では海岸の形状予測しかできなかったシュミレーションモデルを発展させて、砂の粒子まで考慮に入れて予測できる海浜変形予測モデルを作りました。

Next

熊田 貴之さんのプロフィールページ

熊田: そういうことになりますね。 これでは日本のドローン産業は、世界から遅れてしまうと考えて、ドローン産業を振興するような場が作れないかということでJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)を2年前に立ち上げることになりました。 【プロフィール】 熊田 貴之 代表取締役社長 1976年8月27日生まれ。 短距離走が得意で、ラグビーのU15香港代表にも選抜される。 その際に委員会で話し合った安全ルールは、改正航空法に大きく貢献したと考えています。 1999年に創業した前身のアイコムネットでは、大学院での研究を生かして海岸侵食に関する調査や津波対策などの海岸コンサルティング事業、防災環境事業をおこなっていました」 --大切な事業ですね。 今でも香港時代の友達と一緒に仕事をすることが多く、会社の財務や広告に関することは香港時代の友人にいろいろと手伝ってもらっています。

Next

荷物の自動受け渡しポート「まもなく公開」

ですが、私たちの会社はもともと、 海岸の津波対策や浸食対策などの防災対策のコンサルタント会社としてスタートしています。 顧客は官公庁や第三セクターです。 熊田社長と社員の皆さん ブルーイノベーションで働く魅力。 若さと、行動力と、旺盛な学習意欲を武器に、都市型精神科病院の方向性を示していく。 パーキンギシステムのIHI運搬機械株式会社や7月に提携した中国の物流会社ANTWORKと、基礎研究から4年かけて開発した離発着ステーション「BIポート」を、「間もなく公表します」と予告した。 「物流用ドローンポート」は、通常のGPSによる数mの着陸誤差を、電波とセンサによって数十cmの着陸誤差にすることができ、人の立ち入りや周辺の風速状況によって、離着陸の禁止機能を搭載した、安全な物流運行を提供します。 当時飛行ロボットと呼んでいた固定翼がずっと見えなくなるまで飛んでいき、本当に見えなくなってからまたきちんと迂回して戻ってくるというのを見たときに、ある種やはり僕らも興奮するものがあって、「これはすごい技術だな」ということで、私たちとしても技術に惚れ込んだのは事実です。

Next

人事、三菱電機(2) :日本経済新聞

今もそうですけど、当時はパソコン上で、いわゆる飛行経路ないしは高度をセットすると何回でも同じ場所を飛んでくれるというようなシステムでしたので、私は、これはいわゆる災害の原因などを究明するのにあたって、モニタリングをするのにはピッタリのツールだと思ったんですね。 私たちもそういう苦労が8年間あったわけなので、そういったものを1つノウハウとして皆さんに色々とブリッジしていけるのではないかと思い、今はそういうサポートをさせていただいています。 それから、うちはどこよりも安く海岸事業ができると建設コンサルタントなどに営業を始めました。 当時は、ラジコンで通常マニュアルで動かしていくんですけれども、ドローンはそれとともに、 パソコンで高度と飛行経路を設定するとその通りに飛んで行ってくれるということがあるので、いろんなミッションができるわけです。 家族で海外に移住、はじめての異国で優秀な人々に揉まれる 熊田: 小学6年生のときに大きな転機がありまして、父の仕事の関係で香港に家族で移住しました。 『enfacスタートアップサイエンス』は、 世界で5万回シェアされたスライド「StartupScience」制作者の田所雅之氏が、書籍300冊、経営者のブログ500本、自身のシリコンバレーでの起業経験と1000人以上の起業家を取材する中で体系化した知識を、動画ラーニングのenfacが、いつでもどこでも学びやすくまとめた動画学習コンテンツです。 そうなると頼りになるのはベンチャーキャピタルしかありませんでした。

Next

6社と資本提携/ブルーイノベーション

ちゃんとどこが痛いか最初にじっくり聞いてくれ、終わった後、きちんとほぐれていました。 熊田: そうですね。 当時はものすごく足が速くて、50メートル5秒台でした。 経済活動範囲が狭まり、物流は小口や個人宅、多品種化の傾向が強まるだろう。 JAPANで提供しました。

Next