週刊 文春 オンライン。 『週刊文春』編集長が明かした、列島を揺るがす「文春砲」の神髄

週刊文春デジタル:週刊文春デジタル(週刊文春デジタル)

これを大見出しとした本誌の新聞広告について、朝日新聞掲載分に限って同社の広告ガイドラインに接触するとして「人はそれをブラックジャーナリズムと言う」の語句のみ担当の広告代理店で黒塗りに編集した上で掲載された。 ところが育休宣言をしたことによって、俄然、脚光を浴びた。 社長の桃井や球団幹部は三木谷と面会したことも参入を依頼した事実もないと反論。 文春の敗訴が確定した。 新潮と文春は、フリーの記者は抱えずに(フリーの記者も社員化していた)、編集部員が取材からまとめまでをやっていた。 当初乃木坂46運営側は処分を行っていなかったこともあり、内定していたとみられるに落選。

Next

文春の敏腕女性記者列伝、子育てと徹夜取材を両立させた桁外れの努力の足跡

泉谷由梨子 2016年6月20日. 78年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、同年文芸春秋入社。 気前がいいことに文春は、文春オンラインで全文公開しているので、一応リンクは貼っておこう。 同年9月2日号の『週刊文春』に、「上野徹 前編集長木俣正剛 取材記者河﨑貴一」の連名の謝罪文が掲載された。 おそらくスマホでニュースを読む世代にとっては、ダイヤや日経ビジネスよりも東洋経済オンラインの認知度、親近感は高いはずだ。 相手は熊本で県会議員を務めたこともある地元の名士の娘で、全財産を放棄して美女の懐に飛び込む決意を固めたという。 『コルトM1847羽衣』• 2014年9月26日閲覧。

Next

文春オンライン(@bunshun_online)

2017年4月6日春の特大号で、が元ホステスとの不倫を報じた 、その後渡辺は離婚した。 なお、和田の表紙は号で2000回を迎え、2017年7月27日号からは、過去の傑作選によるアンコール企画が続けられていた。 現在、岐阜女子大学副学長を務める。 有田は、「写真の選択をいっしょに行い、時間をかけて原稿も見ていただき、求められた加筆と訂正を行ったうえで『週刊文春』の記事になりました」と主張している。 勢いに任せてあんなことを言っちゃったんだ」と弁明している。 これに新聞が噛みついたのだ。

Next

黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」(文春オンライン)

2018年8月20日閲覧。 話題としては周辺的にはなりますが、「アートとインスタ映えの共存関係」というテーマです。 弊社として適切に対応いたします」 黒川氏は何を聞いても口を開かず、東京高検は質問状すら受理しなかった。 [ ]• 2000年代 [ ]• だが、ビートたけし軍団がFRIDAYの編集部を襲い、副編集長にケガを負わせる障害事件が起き、写真週刊誌の取材に対する批判が巻き起こった。 たけしはその後離婚した。 各作品の得点が示されるようになったのも1991年版からである。 抽選で10名様に図書カード1000円分をプレゼントします。

Next

文春の敏腕女性記者列伝、子育てと徹夜取材を両立させた桁外れの努力の足跡

2019年 [ ]• 新潮、文春が少数精鋭方式だとすれば、現代とポストは人海戦術方式といっていいだろう。 初めは出版界などマスコミの噂話を載せていた業界誌だったが、そのうち、大手週刊誌ではやれないさまざまな情報が「噂真」に流れ始めたのである。 そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。 証人の証言はたやすく信用できない点を残している」として、文春に880万円の支払いを命じた。 そういう展示。 翌週志田は体調不良の悪化を理由に、芸能活動を無期限休止とすることを発表した。 2005年版より、自作への投票は無効とされた。

Next

文春オンライン(@bunshun_online)

朝日新聞WEBRONZA 2016年2月13日• 黒川氏は1983年に検事任官。 有田は一貫して無断公開を否定し 、横田夫妻のコメントを「横田夫妻は自身に対して『有田先生』ではなく『有田さん』と接している」という理由で偽物であると主張し これ以降も横田夫妻からの発言とされるものを引用している。 2009年5月16日閲覧。 また、掲載する写真を持参し、横田夫妻に「掲載する写真はこれです」と出した際に「あちらの方は了解しています 」と説明。 2006年2月2日号より、に絡み、副社長・野口英昭の自殺について疑問を投げかける報道を繰り返した。 松村はその後も在籍しているが、での出場見送りは行なわれていないため、には初出場。

Next

アンジャッシュ渡部建 複数女性との不倫認める(文春オンライン)

「元少年A」氏は、昨年6月に、事件を起こした経緯やその後の人生をつづった手記、『絶歌』(太田出版)を出版。 ようやく毎日新聞が、「それならサンデー毎日がいい」と、編集部に回し、当時の鳥越俊太郎編集長がやると決断した。 今回の文春記事は、こうした問題に正面から切り込んだものと言える。 また、この記事執筆を担当したは、2011年3月に文春から「ユニクロ帝国の光と影」と題した本を出版。 文春もそうならないか? なるわけがない。

Next