テニススライスサーブ。 レッスン

〔テニス〕スライスサーブの基本的な打ち方のコツを教えます!

この記事の目次• 逆に回転量を減らすには、面の返しを強くして、フラットに近い面でボールをとらえることを意識しよう。 ボールの外側を包丁で切るように 打つイメージです。 なので、サーブリターンがチャンスボールになりやすく、 サービスキープが優しくなります。 相手は何もしなくてもポイントが取れてしまうんです。 スライスサーブには 2種類あります。 相手を追い出してオープンコートを作ることで、ファーストボレーで決めたり、その後試合を有利に展開したりすることができます。

Next

レッスン

『テニス練習メニュー200』神谷勝利監修 池田書店 『テニス入門』沢松奈生子監修 岩崎書店 Youtubeチャンネル『』. 相手は頑張って打ち返しても、相手のの位置はコートの外。 ちなみに、私はセカンドも振り切るので、どうしてもスピードが出てしまいます。 何度もボールを打って余計な力が抜けてくれば、自然と手が回転している所でボールを打てるようになるはずです。 しかし、 バウンドしてからが大きく異なります。 本来 、セカンドサーブはファーストとスイングスピードをほぼ落とさず回転量で 確率をあげるっていうのが目指すサーブのはずなんですが、 テニススクールでは、ダブルフォルトは練習の妨げになるので「悪」とされる 雰囲気があって、将来性のない入れてけサーブが黙認されるんですね。 コンチネンタルグリップのような薄い握りなら ラケットのフレームでボールの外側を 切るように打つことができます。

Next

曲がるスライスサーブのコツがつかめる練習方法

ボールのバウンドが低い スライス系のサーブは バウンドが低いこともメリットの一つです。 また、ボディーにスライスサーブを打てば、 相手は食い込まれてリターンしにくくなります。 何の感覚を忘れたかというと、 腕のプロネーションを使ってボールに回転をかけるっていう感覚です。 しかし、スライスサーブを打つ時にスライス回転を手先でかけようとして手首や手先の力でラケットをコントロールしようとしてしまうと、せっかくラケットヘッドに生まれていた強い力が手先の力に変わってしまいます。 スライスは切るよりも、はじく感覚で打つのでボールの右半分をとらえてつく練習をします。 デュースサイドからスライスサーブをワイドに打っています。 セカンドサーブとして重宝されるのは上述のスピンサーブですが、もしスピンサーブが安定しないようであれば、スライスサーブをセカンドサーブとして安定させるよう練習する事も重要です。

Next

テニスのサーブが上達するための練習法とは?種類別に分かりやすく解説!

正面にボールを見て、左から右向きの矢印をマジックで書くように想像してください。 の3つを共に、振り上げに際しての、前足の明確なつま先立ちが基本です。 その為、ダブルフォルトを避ける為には、確実に入れる事ができるセカンドサーブが重要になります。 何故スライスサーブかっていうと、・・・これから挑戦しようと思っているからです。 適切なグリップができていればコンチネンタルと比較して腕に対してラケットに角度が付くはずです。 スピンサーブは、フラットやスライスよりも習得が難しいイメージがあります。 テニスで左右のコースの打ち分け方法は何通りかあります。

Next

テニスサーブの3種類(フラット、スピン、スライス)の打ち方、特徴【動画有】

テニス初心者にとってはそもそもトップスライスサーブがどんなものか分からないかもしれませんね。 鋭いスライスサーブやキレのあるスライスサーブ、あるいは回転量を自在にコントロールしてスイングしていくためには、プロネーションの本質を理解していくことで、スイングが格段に改善していきます。 ここからボールが入るように修正していきます。 また、身体をしっかり回す(インパクトでは前を向く)ことはスピンサーブよりも大切になる。 強いフラットサーブを打つには、手首の押さえ、親指の引きしめ、人差し指の押さえ。 トップスピンをかけたスライサーブを習得する この方法を応用すれば、トップスピンのかかったスライスサーブ(トップスライスと呼ばれることもあります。

Next

スライスサーブの打ち方とは?初心者でも上手く打つコツ【テニス上達ガイド】

) ジャンプせず、両足が地面に着いた状態で打つ場合は、フラットサーブと同じトスではスライスサーブを打つのは難しいので、最初は、同じ位置にトスをしようとせず、右にトスを上げてください。 初心者の頃はとりあえず入れる感覚で打っていたサーブも、上達にするにしたがってスピードやコースや球種を変える必要があります。 テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。 スポンサーリンク トップスライスサーブの回転イメージを理解する まず、打ち方のポイントを学ぶ前にトップスライスサーブの正しい回転方向を学びましょう。 球種がわからないとなると相手は リターンを反応でする以外方法がなく、 サーブのアドバンテージがとても大きくなります。 スライスサーブは サーブの中でも技術的に覚えやすく、ファーストサーブ、セカンドサーブどちらでも使えるユーティリティなサーブです。 ちなみに、サーブを打つ際は球種に関係なくちゃんと「コンチネンタルグリップ」でラケットを握ってくださいね。

Next

スライスサーブのスローモーション:後方からの映像:テニス初級・中級者のためのテニスレッスン動画集

そのため威力をだしていくためにプロネーションを使ったスイングが必要になるのです。 の3つを共に、振り上げに際しての、前足の明確なつま先立ちが基本です。 トスを上げると同時にラケットを担いで肩で固定させ、ヒザを軽く沈めます。 彼らはかなり身長があるのに関わらずサーブの確率を重視してスピン系を打ってるんですね。 まずは回転をかけるということを意識して、その後にコントロールという流れで練習していきましょう。

Next