ざっくばらん 類語。 「しばしば」の意味と使い方・類語と例文

ざっくばらんの類語・関連語

・彼女の提案について忌憚なく意見を述べた。 「気楽に・どうぞ楽に」は目上の相手に対しては失礼に当たりますが、目下の相手や同等には使える表現です。 「気兼ねなく」とほぼ同じ意味ですが、「気兼ねなく」と言うよりも「気軽に」と言った方が、なんとなく違和感なく受け止めらる感じがします。 その理由は、その率直さにあるでしょう。 ざっくばらんという言葉の前半の「ざっく」の部分は、擬態語の「ざっくり」です。

Next

ざっくばらんの意味と使い方・類語と例文

どこか考えなしのようにも思えますが、考えなしというよりはとても素直だと思った方が良いのではないでしょうか。 例えば、「気兼ねなく話せる異性」 といった場合は「何も遠慮することのなく話せる異性」という意味になるので「恋愛に発展しない異性」と解釈できます。 時には、そうした言葉を使って意見を言ってみることで、そこからの相手との遠慮のないフランクな議論を望んでいるという意味になるかもしれません。 したがって「忌憚なく」は 「遠慮してためらうことなく」ということを表しています。 遠慮がなく素直な様子 ざっくばらんという言葉の意味の一つ目としては、まずは遠慮がなくて素直な様子のことを言います。

Next

忌憚のないの意味は?読み方や意味や類語や英語・ビジネスでの使い方も

例としては、 ・気兼ねなく飲める ・気兼ねなく楽しめる ・気兼ねなく接する ・気兼ねなく話せる ・気兼ねなく振る舞わせる ・気兼ねなく会える といったようになります。 ・気兼ねなく発言できる職場を目指している。 「遠慮なく」は、他人に対して遠慮しないでと思いやって使う他に、自分が遠慮なく物事を行うときに使う言葉でもあります。 ざっくばらんな人や行動は、その行動で人に好かれることもあります。 無礼講というのは飲み会の席などで上司が部下に言う言葉としてよく使われているので馴染みが深いでしょう。

Next

ざっくばらんの意味と使い方・類語と例文

自分の気持ちや考え、そして感情に素直で、それを隠さないところをざっくばらんという表現で言うのです。 「慎み深い」を使った例文• 「ざっくばらん」は近代にできた言葉ではなく、江戸時代の昔に使われていた記録があります。 また、出てくると大体の意味は分かるものの、自分では使うことができないような単語というものもあるかもしれません。 ・私のことは気にせず楽しんできて下さい。 確かにストレートや直などという言葉で変えることもできますが、ざっくばらんにはざっくばらんなりという言葉に特有の空気感がありますよね。 どうぞお気になさらないで下さい。

Next

忌憚のないの意味は?読み方や意味や類語や英語・ビジネスでの使い方も

相手に対して感情や愛情をきちんとストレートに伝えることができて、さらには自分の主張も素直に行うことができる態度をざっくばらんというのです。 どちらかというと、とても遠慮がないというところが大切かもしれません。 ・今日は気兼ねなくお酒を飲むことができる。 今日はうれしいです。 License. 「毎回」ではなく「時として」と言える程度の頻度を「しばしば」という言葉で表します。 基本的に腹を割って話したいということですから、率直、素直、単刀直入、ストレートなどたくさんの類語が用いられます。 」と自分のほうから心を開いている風に切り出します。

Next

ざっくばらんとはどういう意味?使い方を紹介!

皆が本音を隠して平和に暮らそうとしているところに、素直でまっすぐな性格の人が本音をさらけ出しているのを見ると、平和な生活が乱されるようで怖くなってしまうのではないでしょうか。 面と向かって二人きりで話し合いをしているときには良いかもしれませんが、例えば「ざっくばらんな話し合いを求めています」というような呼び声があったとしても、参加している人によっては、実際にざっくばらんな意見を言うと、とても嫌がられてしまうことがあります。 お話しできてうれしい。 「忌憚なくおっしゃってください」と、ほぼ同じニュアンスですね。 フランクよりも少し我が悪いような印象を受けるのです。

Next