かんぽ 生命 長門。 【かんぽ不正】長門社長「冗談ではない」発言に一般投資家の思いは?

かんぽ不正:日本郵政社長、責任追及され「冗談ではない」と反論…住友式ノルマ強制が元凶

郵便局の外では、日本人のほとんどが全く知らず、理解できない概念の店舗。 まずは、米山社長につき、法的責任を問うことが難しいことについては、会長と同旨である。 30号』• 2013年(平成25年) - 福島支店及び群馬支店を移転。 背景を探る。 概要 [ ] 設立の経緯 [ ] に公布された関連6法の中ので規定されている生命保険業を営ませるために同法第127条の定めるところにより従い、株式会社がに準備会社として 株式会社かんぽを設立。

Next

かんぽ不適切販売問題 日本郵政の長門正貢社長ら経営トップが記者会見(2019年12月18日 ノーカット)

黙って隠したという数字ではない。 111,833 views• (平成25年) - 山梨支店を移転し「甲府支店」と改称。 4月4日にかんぽ生命の第二次売り出しをスタートいたしましたけれども、その時点でかんぽ、郵政の経営者はこの事象を知っていたのではないかと、こういうご発言でした。 日本郵政の鈴木康雄上級副社長(69)は昭和48年に当時の郵政省に入省し、平成21年に総務省の事務方トップである事務次官を務めました。 実に興味深い! 笑 — POTEPOTEKUN potepotekun 長門裕之さんの親戚関係を「長門裕之 家系図」と調べると驚くことに家系図があったので調べてみました。 9月末時点の調査状況を中間報告する。

Next

長門郵政「反金融庁」の狼煙:FACTA ONLINE

・ごく少数の募集人だけが不適切な販売をしていたと思っていた ・経済合理性のない乗換契約であっても、契約書類に顧客の署名・押印があるからそれは顧客ニーズであると思っていた ・法令違反をしているとは思っていなかった ・不祥事件の数も特に増えていなかったから、不適正募集も減っていくだろうと思っていた 植平社長の認識もほぼ同様で、「顧客に不利益を生じさせるような募集を行っている郵便局員が相当数存在するとは全く思っていなかった」という本人のコメントが掲載されているだけです。 金融庁と郵政側がこの問題で最初に接触したのは昨年4月、NHKが「クローズアップ現代+」で局員や被害者の声をまじえて不正を報じた直後だ。 かんぽ生命の不正な保険販売の発覚をきっかけとして、日本郵政グループのお粗末な危機管理が浮き彫りになっている。 そこで今回は日本郵政株式会社の社長、長門正貢氏について気になったことをまとめました。 金融庁は日本郵便とかんぽ生命に対し、かんぽ生命の保険商品の新規販売を対象に来年1月から3か月間の業務停止命令を出した。

Next

【かんぽ不正】長門社長「冗談ではない」発言に一般投資家の思いは?

久留米支店の設置。 ぱっと見は、珍しい苗字が同じだし、お顔も似てないこともない・・・んですが、 このお二人は兄弟でも親戚でもありませんでした。 新規契約数に占めるかんぽ生命「直営店」の割合は約1割程度にすぎず、残りは(つまり9割がたは)「代理店」である日本郵便に依存している、という構造になっている。 「自分は知らなかったからシロだ」と個人レベルの言訳を添え、「冗談ではない!」と二人の意見を一掃しました。 」と質問した。

Next

かんぽ生命暴走許した「裸の王様」経営陣 退陣まで長時間空費したぬるま湯政治

キャッシュカードによるにより払込口座を設定できる。 日本郵政はIoTの時代に、可能性のある企業だと思うので、グループの長所を伸ばしてほしい」と期待感を示しました。 は直営店が統括支店(那覇支店)のみである。 。 そしてこの「トール・ホールディングス」の買収劇の立役者もまた、日本郵政の前の社長であり、東芝の元社長でもある 西室泰三氏だったんですね。 仮に不正を把握しながら売り出したのであれば、投資家を裏切る行為として問題になる。

Next

日本郵政グループ 3社長の辞任発表 日本郵政次期社長は増田氏

2013年(平成25年)• 70,952 views• 日本郵政が保有しているかんぽ生命の株式を一般投資家へ売る時点で、会社の根幹に関わる情報や事象を伝えていなかった点を指摘しており、長門社長が「知る・知らない」のレベルの話ではありません。 なんだかややこしくなってきたので簡単にまとめると、• 以後、国際営業二部参事役等を務め 、興銀法人営業部門で、関連、自動車、関連、などを担当。 - との業務提携を発表。 (平成28年) - 松江支店を移転。 なるべくしてなった結末。

Next

かんぽ生命暴走許した「裸の王様」経営陣 退陣まで長時間空費したぬるま湯政治

さきほど意見交換の場を作るというが、上の顔色をうかがうような意見交換では意味がない。 増田氏は民営化の進捗(しんちょく)状況を監視する、政府の郵政民営化委員会の委員長を務めたこともあり、郵政問題に精通している。 長門社長個人としてではなく、日本郵政グループの経営トップとして、保有していたかんぽ生命株式を一般投資家に売却した後、同社の保険販売に重大な問題が発生していることが明らかになって、株価が大きく値下がりしている。 河合)制裁的な状況に自分が追い込まれるのが怖くて、不正を犯してでも成績を上げなければいけなかったということでしょう。 ちなみに、津川雅彦氏の本名は「加藤雅彦(かとう まさひこ)」ですね。

Next